9月

◆2015年9月30日(水曜日)

9月の行事

 <開校35周年記念運動会>

 9月19日(土)の運動会当日は、お天気にも恵まれ、子どもたちの活躍する姿をたくさん見ることができました。各学年の児童の運動会の感想(1名ずつ)を掲載させていただきます。ご覧ください。

 子どもたちは、運動会の練習や本番を通して「きつかったけれども最後までやり遂げた充実感」「精一杯の力を出し切った満足感」「自分も頑張ればできるという自己肯定感」「友だちと力を合わせることの良さの気づき」など、多くの事を学ぶことができたと思います。

 学校では、運動会を通して、一人一人の子どもの心の内に育ったものを自覚させ、また一回り大きく成長した自分に気づかせるようにしていきます。

(1学年)

 ぼくは、しろで まけましたが、さいごまで がんばれました。それは、みんなの おとうさんや おかあさんが、おうえんして くれたから、さいごまで がんばれました。らいねんは、いっしょうけんめいはしって まけないように がんばりたいです。エイエイオー。

 

 

(2学年)

 うんどう会でがんばったことが3つあります。1つ目はリレーです。リレーはみんながいっしょうけんめい走ってくれたから、わたしが走るときのお手本になってはやく走れてうれしかったです。お母さんたちのおうえんのおかげでがんばれました。2つ目は、おうえん合せんです。おうえん合せんは、大きな声でやれてよかったです。まわりの友だちも大きな声でやっていたので、それに負けないぞという気もちになったので、友だちに負けないように大きな声を出せたから楽しいおうえん合せんにできたことがうれしかったです。3つ目は、玉入れです。玉入れは、れんしゅうのときは1こも入らなかったのに、本ばんはいっぱい玉を投げたから5こぐらい入ったことがうれしかったです。来年は、かけっこをがんばりたいです。

(3学年)

 今日うん動会がありました。わたしが一番がんばったのは短きょり走です。1位にはなれなかったけど、さい後まで全力で走れたのでよかったです。ダンスは、かけ声で「ハーア。」とか「アイーン。」を大きな声で言ったり、止まるところをちゃんと止まってできたのでよかったです。つな引きは、つなをわきではさんで力いっぱい引きました。そしたら2回戦ともかったのでうれしかったし、楽しかったです。大玉おくりは1回せんはひきわけだったけど、2回せんは赤組がかちました。とてもうれしかったです。リレーはわたされる時にずっと止まっていないで走りながらバトンをとれたので、よかったです。全部楽しくできてよかったし、赤組がかてたのでうれしかったです。

(4学年)

 運動会でがんばったことは、2つあります。1つ目は、ダンスです。ダンスは練習では、動くところがちがったり集まるときに間に合わなかったりしてぜんぜんだめでした。でも気持ちを合わせて3年生と練習したから、本番で間違えないでおくれたりしないで、おどれました。2つ目は、金管パレードです。金管パレードは「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドージャス」と「負けないで」をやりました。きれいにふけたのは、毎日朝と昼休みに練習をしたからです。金管の練習中に先生が「委員会の日でも終わってから5分でも10分でも時間があれば遊ばないで練習に来るように」と言っていたから、毎日行って練習したら「あれ次どうだっけ」となることがほとんどなくなりました。だんだんできるようになることが楽しかったです。

(5学年)

 運動会で、うれしかったことは、今年の運動会で赤組が勝ったことです。理由は今の六年生が一年生の頃に勝ってそれ以来1度も勝っていないからです。2つ目は、組体操です。理由はぼくは倒立ができなくて、一人で練習していたらMさんやMさんが来てくれて教えてくれたからです。もう一つ理由があります。それは本番もできなくていたけどKさんが隣から「Dさん頑張れ」と言ってくれました。それに1年生や2年生の人が「頑張れ」と言ってくれました。とってもうれしかったです。くやしかったことは、自分の心です。理由は練習の時に勝てたから勝てると思って、気を抜いたところがあったから、白組に失礼だったし、閉会式で赤組が勝ったと言われても心の底からは喜べませんでした。そこがくやしかったです。成長したことは、人との協力のすごさです。理由は前までは一人でやらないといけないと思っていることがたくさんありました。だけど運動会ではリレーも、大玉送りも、組体操も一人ではできないけど、みんなでやればできました。運動会で学んだことは、忘れないでいたいです。

(6学年)

 ぼくが運動会で得たことは、「どんな苦しい時も歯をくいしばって協力してくれる仲間がいる」、「どんな時も最後の最後まであきらめない」ということです。最後の運動会。組体操の『タワー』を成功させることができたのは、みんな一人一人が歯をくいしばって力を合わせたからだと思います。『ピラミッド』では、全員が乗った所で友だちの脚が落ちたけど、みんな声を出して「いける!絶対できる!」と言ってあきらめませんでした。信用できる仲間だから、最後の最後まであきらめないでできたと思います。

(全校種目、金管バンド、連学年種目、来入児種目など)

 

(開校35周年記念種目「大人の玉入れ」(同窓生・PTA)など)

<秋の遠足・長野見学・社会科見学・理科見学>

 9月30日(水)の「大町市お弁当の日」には、澄み渡った秋空のもと学年ごとに秋の遠足や社会科・理科の見学に出かけました。1・2・3年生は秋の遠足(国営アルプスあずみの公園<大町・松川地区>)、4年生は長野見学(県庁、善光寺など)、5年生は社会科見学(大王わさび農場、水産試験場など)、6年生は理科見学(エネルギー博物館、大町ダムなど)と、熊や蜂の危険性にも配慮しながら、昨年度までと目的地をかえた学年もあり、入念に下見をしコースを決め出して実施しました。学校ではできない体験をしたり、実際に目や耳・鼻等の五感を働かせて見学したりして、充実した一日を過ごすことができました。保護者の皆様には、お弁当の準備等ありがとうございました。