10月

◆2015年10月25日(日曜日)

10月の行事

<大北吹奏楽フェスティバル、大町市連合音楽会>

 10月4日(日)の「大北吹奏楽フェスティバル」では、金管バンドの皆さんが、『MISSION:IMPOSSIBLE』『VS.~知覚と快楽の螺旋』の2曲を発表しました。中学生に勝るとも劣らない素晴らしい演奏でした。

10月6日(火)の「大町市連合音楽会」では、市内の小学6年生と中学3年生が一堂に会し、本校6年生が『地球星歌~笑顔のために~』(同声二部合唱)を発表しました。一人一人がしっかりと歌っており、大きく美しい歌声が会場に響き渡りました。

 

<祖父母参観日、PTAバザー>

 10月10日(土)は、祖父母参観日でした。お忙しい中、祖父母の皆様をはじめ保護者の皆様にも大勢お越しいただきました。授業参観や校長講話へのご参加ありがとうございました。いかがだったでしょうか。引き続き行われたPTAバザーでは、PTA役員の皆様に何度も打ち合わせや準備をしていただき、当日を迎えました。保護者の皆様や近隣のお店からたくさんの提供品をいただき、賑やかで楽しいひとときとなりました。おかげさまで、昨年より売り上げ金も多くなりました。ご協力ありがとうございました。

 

 

<秋のマラソン記録会>

 10月28日(水)は、秋のマラソン記録会でした。毎朝大勢の児童が校庭や学校の周りを走って本番を迎えました。当日は、雨上がりで路面の状態が心配されましたが、走りやすい気温で実施することができました。春の記録を更新した子、残念ながら届かなかった子といろいろでしたが、どの子も精一杯走っている姿が素晴らしかったです。保護者の皆様にも力強い応援をたくさんいただきました。ありがとうございました。

<開校35周年記念式典>

 10月31日(土)、大勢のご来賓の皆様、保護者・地域の皆様にご来校いただき、児童が主役となった開校35周年記念式典を挙行することができました。ありがとうございました。まず、全校児童がステージに立ち「校歌合唱」で式典が始まりました。実行委員長様や学校長の挨拶に続いて、大町市長 牛越 徹 様からご祝辞をいただきました。本校に勤務された先生方からも祝電をいただきました。

 次に「開校 思い出を語る」と題し、開校当時PTA副会長やPTA会長を歴任された 鎌倉 久 様からお話をしていただきました。当時のPTA・地域の皆様方が環境整備にご尽力いただき、現在の東小の素晴らしい環境が形作られたことがわかりました。最後に、1・2・3年生が「東の子ダンス」を、4・5・6年生が合唱「ありがとう」と「ダンス オリオン・信濃国」を発表しました。会場の皆様に、子どもたちの元気な姿を見ていただけたと思います。
 子どもたちには、これまで東小を支えてくださったすべての皆様の願いを受け継いで、50年、100年と続く新たな歴史に向け、学習や運動など学校生活全般のさまざまな場面で、学校目標の「きたえる・思いやる・求める」に向かって精一杯努力する姿を見せてほしいと思います。そうすることで、東小の新たな伝統をみんなで作りあげていきたいと思います。