11月

◆2015年11月30日(月曜日)

11月の行事

<避難訓練>  11月6日(金)

    今回学校に設置された「緊急地震速報」を放送したり、「地震の音」を聞いたりして、大地震の際の避難訓練を行いました。 子どもたちは、放送をしっかり聞き、指示にしたがい「お・は し・も」を守って校庭に全員無事に避難することができました。

 

 

<6年修学旅行>  11月11日(水)~12日(木)

 一泊二日の東京方面への旅行でした。国会議事堂、東京スカイツリー、浅草演芸ホール、浅草寺(国際交流)、フジテレビ、皇居、東京駅(車窓から)、国立科学博物館、東京タワーを見学しました。

  「一人一人がみんなを意識し、学習を深めるためによく見聞きし、小学校最大の行事を楽しもう!」という目標が達成された思い出に残るすばらしい修学旅行でした。

なかよし旬間(11月19日(木)~30日(月))に全校で取り組みました。

 「自尊感情や他者への思いやり、生命尊重といった人権感覚、身の回りの生活や社会の中にある人権問題に対して、自らの課題として意識し考え、よりよい方向を目指していこうとする意欲や態度を養う。」ことを目標に日々人権教育に取り組んでいます。「なかよし旬間」を設けることで、子どもたちの関心や意欲を高めると共に、保護者の皆様にも理解を深めていただいたり、教職員自身も人権感覚を磨き日々の実践にいかしたりすることを目的に下のような活動に取り組みました。

(1)人権を考える市民の集い 11月6日(金)
 3~6年の児童と保護者・地域の皆様に参加していただき、開催いたしました。まず、6年の代表児童が「おじいちゃんが教えてくれたこと」と題した意見発表(素晴らしい内容の発表でした)をし、児童が二部合唱「ありがとう」を発表しました。 それから、田渕 勝子 さんのご講演「『認知症を学びみんなでささえよう』~認知症ってなあに?」を聞きました。児童にもわかりやすくお話しいただき、認知症についての理解を深め、どのようにして支え合っていけば良いか学ぶことができました。

(2)平成27年度 学校人権教育公開授業・研究懇談会 11月18日(水)
  市内の人権擁護委員さんや保育園・小学校・中学校の先生方など約50名が、6年2組の「総合的な学習の時間」の「『絆コンサートを開こう!』~もっと たくさんの人に元気を届けよう!~」の授業を参観しました。6年2組の子どもたちは、絆コンサートを開いて「地域の皆さんに自分たちの元気を届けたい」「お世話になった人に感謝を伝えたい」という願いのもと、地域の皆さんに絆コンサートに来ていただくには自分たちは何をすれば良いか、地域の方の名前や顔を思い浮かべながら、それぞれの考えを出し合いました。12月の絆コンサートには、多くの地域の方が来てくれると思います。

(3)なかよし旬間の活動

【ふりかえりカード】 ~ 自分の一日の様子を振り返り、カードに記入しました。

【東小 笑顔の花を咲かせよう】 ~ 友だちとのふれ合いの中で、してもらって嬉しかったことや言葉、友だちのいいなあと思った姿や頑張っている姿などを花のカードに記入し、学級ごとに「花咲き山」の台紙に貼りました。

【校長講話】 ~ 「わたしのいもうと」の読み聞かせをしました。全校で「『いじめ』をしない」「『いじめ』をさせない」「『いじめ』に気づく」「『いじめ』を許さない」を確認しました。

【なかよしアンケート】 ~  他の人から言われたりされたりしたことで、嫌だなあと思ったり、悩んだりしていることなどについて、一人一人の子どもにアンケート用紙に書いてもらいました。

【姉妹学年でいっしょに遊ぼう】 ~ 児童会の運動委員会で体育館の使用割りを姉妹学年で遊べるようにしてくれました。

【全校で「ビリーブ」を歌おう】 ~ 全校で「ビリーブ」の合唱に取り組んでいます。