12月

◆2015年12月25日(金曜日)

平成27年(2015年)12月の行事から

<読書旬間> 12月2日(水)~15日(火)
 

 読書旬間中に行った下記の活動を通して、読書への意欲を高め読書生活の定着を図ったり、読書生活の内容面の向上を図ったりしました。
① 朝の全校読書と2冊貸し出し(読書旬間を通して)
② なかよしペアによる読み聞かせ(12月15日(火))と読書郵便
  ~ 高学年から読み聞かせをする本の紹介を書いたはがきを先に出し、低学年は読み聞かせをしてくれた人に感想などを書いたはがきを出しました。
③ 読書カード ~ 保護者の皆様にご協力いただきました。ありがとうございました。
④ お話のメニュー ~ お話に出てくる献立を給食に出してもらいました。
⑤ 先生のおすすめの本の紹介~それぞれの先生が作った「おすすめする本」のポスターを図書館前に展示しました。
⑥ 児童集会(12月2日(水)~図書委員会の皆さんが「ルラルさんのごちそう」の読み聞かせをしてくれました。
⑦ 全校読み聞かせ(12月7日(月))
  ~ 読み聞かせボランティアの皆様が「サンタクロースをください」「十二支のはじまり」「かさじぞう」の読み聞かせをしてくださいました。読み聞かせの素晴らしさを改めて感じました。
⑧ 校長講話(12月9日(水))
    ~ 「モチモチの木」の読み聞かせをしました。その後、短時間ですが児童・先生方全員で全校読書をしました。全校のみんなでシーンとした中で読書に熱中する時間を共有することができました。
⑨ 先生方の読み聞かせ(12月7日(月)~11日(金)の1日) 
     ~  学級担任の先生が、それぞれの学級で読み聞かせをしました。

<4・5・6年 松本山雅サッカー教室> 12月7日(月)

  お天気に恵まれ学年ごと校庭でサッカー教室を行いました。松本山雅のコーチの方2名が、ドリブルのしかたや4チームに分かれてボールを自分のゴールに入れるゲーム、2つ以上のことを同時に行う運動、本格的な試合などを楽しく指導してくださいました。
 終わりにみんなで記念写真を撮ったり、握手をしてもらったりしました。

<第2回東小祭> 12月8日(火)

 児童会の皆さんの企画・運営による第2回東小祭が行われました。今回は、1~6年生の縦割り班ごとに校内10カ所のチェックポイントを回り、それぞれのチェックポイントのお題に挑戦し、クリアしたらもらえるスタンプを集めていきました。
 どの班もみんなで協力してお題に挑戦し、次々とクリアしていきました。子どもたちの笑顔がたくさん見られた東小祭となりました。

 ① アルミ缶積み(3年学習室)        
 ② クイズ(1年学習室)
 ③ 玉入れ(工作室)
 ④ なぞなぞ(図書館)
 ⑤ ピンポン球運びリレー(高学年玄関)
 ⑥ 迷路を解こう(理科室)
 ⑦ クイズ(6年1組教室)
 ⑧ お箸でビーズ移し(6年2組教室)
 ⑨ 折り紙(被服室)
 ⑩ 大縄跳び(プレイルーム)

<金管バンドコンサート> 12月11日(金)          

 朝の全校音楽の時間に金管バンドのコンサートが行われ、全校が金管バンドの皆さんの迫力のあるすてきな演奏に引き込まれました。
 4年生から6年生までのメンバーで発表するのが今回で最後ということで、全力で取り組もうと努力してきた子どもたちです。有終 の美を飾れた素晴らしい演奏でした。保護者の皆様にも大勢お越しいただきました。ありがとうございました。
 金管バンドは、3学期に新しいメンバーを募集するとともに、6年生から5年生・4年生に活動が引き継がれていきます。先輩方が 築きあげてきた東小金管バンドの伝統を受け継ぎ、さらに発展させていってほしいです。

<5年 しめ飾り作り> 12月22日(火)

 老人クラブ藁(わら)部会の10名の先生方に来ていただき、5年生が稲作りでとれた藁(わら)を使ってしめ飾りを作りました。子どもたちは、先生方に教えていただきながら「おやす(おちょこのような形をしたもの)」と一対の「しゃもじ」を作りました。
 子どもたちは徐々にコツをつかんでいき夢中になって作っていました。日本の稲作文化の奥深さを感じてくれたことと思います。                                                              

<3・4年 いのちの学習> 12月22日(火) 

 大町病院のお二人の助産師さんに来ていただき、「いのちの学習」を行いました。下記のような流れで学習した子どもたちは、終始真剣に嬉しそうにお話を聴いていました。温かな時間が流れました。

 ① 人の「いのち」はゲームと違ってリセットしても元には戻らない。
 ② 2次性徴について(体の部位の名称など)
 ③ 胎児の成長の様子(模型を使って)
 ④ お母さんのおなかの中にいた頃に戻ってみる。(BGMを聞きながら、目をつぶり、丸くなって)
 ⑤ 代表の子が子宮の模型に入り、みんなに応援されながら生まれてくる。(右の写真をご覧ください。)
 ⑥ みんなが生きる力をもって生まれてきた。世界でたった一つの宝物。生きているだけで100点満点。
 ⑦ お母さんの気持ちを歌ったうたを聞く。