1月

◆2016年2月1日(月曜日)

平成28年(2016年) 1月の行事から

スキー教室 3・4年:1月22日(金)
スキー・スノーボード教室 5・6年:1月14日(木)

 残念ながら1月15日(金)に爺ヶ岳スキー場で予定されていた1・2年そり教室は、雪不足のため中止としました。1・2年生は、先週の雪が降った後、低学年広場の築山で、生活科の時間や休み時間に「そり遊び」を行っています。生活科の時間が待ちきれず、朝や業間休み・昼休みも外に出て元気にそり遊びをしています。
 3・4年生は爺ヶ岳スキー場でスキー教室を行いました。天候にも恵まれて1日スキーを楽しみました。インストラクターの方の後をついて滑りおりてきた子どもたちは、回数を重ねるごとにぐんぐんと上達し、楽しくて仕方ない様子でした。「来年は中級でやりたいな。」と早くも来年に向けた目標ももてたようです。
 5・6年生は、鹿島槍スキー場でスキー・スノーボード教室を行いました。アイスバーンが多かったですが、インストラクターの方のご指導により午前中とは見違える滑りになった子が多かったです。「スキー・スノーボードなど、大町の文化をこれからも楽しみましょう。」との感想発表がありました。

囲碁教室 (低学年:1月18日(月) 高学年:1月19日(火))
 「囲碁のまち・大町市」ならではの毎年恒例となっている囲碁教室を朝の活動の時間を使って行いました。講師の先生にアルプス囲碁村推進協議会の方をお迎えし(2日間とも6名の講師の先生にご来校いただきました)、各教室に分かれて教えていただきました。1年生も幼稚園・保育園などで囲碁の経験があるようで、やり方を覚えている子が多く、ミニ囲碁盤を使って二人1組で囲碁を楽しみました。2~6年生も昨年の囲碁教室で教えていただいたことを思い出しながら、集中し楽しそうに囲碁の対戦に取り組んでいました。引き続き休み時間などにも取り組んでいってほしいと思います

児童集会 1月20日(水)
 6年生が中心となって進めてくれた今年度最後の児童集会がありました。今回は「まとめの児童集会」ということで、6年生全員が委員会ごとに全校の前に立ち、委員会活動を通して達成した成果を児童会スローガンの台紙に貼り付けていきました。
 全校の先頭に立ち、それぞれの立場で頑張って取り組んできた6年生の姿が1~5年生の目にしっかりと焼きついてきたことと思います。特に目立たない当番活動にもしっかりと取り組めていたことが素晴らしいです。
 児童会は、新年度役員選挙を経て6年生から5年生へ引き継がれていきます。これからは5年生を中心にして、よりよい大町東小学校になるよう児童会活動を進化・発展させていってほしいです。

姿勢指導 1月21日(木)
 今年度2回目の 阪上 晃子 先生による姿勢教室(通称「おかんの姿勢教室」だそうです)を行いました。今回は、すぎの子学級・ねむの木学級、4年生、3年生、2年生、6年生の順番に1時限ずつ指導していただきました。「良い姿勢」でいると「疲れにくい」「よりよく運動ができる」「頭の働きが良くなる」「心が前向きになる」など良いことがたくさんあるそうです。
 この「良い姿勢」になるには、コツ(合い言葉とともに動作する)があるそうです。
 阪上先生に教えていただいたことは、毎日のちょっとした動きの中で意識していくことが大切だそうです。体も心もぐんぐんと成長する小学生の時期に「良い姿勢」を身につけていってほしいです。

新年度児童会役員立会演説会・選挙 1月26日(火)
 8日(金)に児童会役員選挙の公示、13日(水)に告示が行われ、本格的な選挙活動が始まりました。15日(金)には、お昼の放送で立候補者があいさつしたり、校内には選挙ポスターが掲示されたりしました。18日(月)からは、各立候補者と推薦責任者・応援者が3年生以上の各学級に「教室訪問」をしました。また、始業前には朝の選挙活動として、5年の各学級の応援者といっしょに校舎内を歩きながら支持を訴えてきました。
 26日(火)の立会演説会では、選挙管理委員の皆さんの進行により、5年1組と5年2組からそれぞれ1名ずつ立候補した会長候補者と副会長候補者、それぞれの推薦責任者が、原稿を全く見ずに皆に聞こえる声の大きさで「こんな大町東小学校にしていきたい」と自分の考えをわかりやすく堂々と演説しました。礼のし方や移動のし方などの「所作」もとてもよくできており、どの候補者が当選しても大町東小学校児童会のリーダーとしてしっかりと活動してくれると思いました。その後、各教室にもどり投票が行われ、選挙管理員によって開票が行われました。
 翌日の27日(水)には高学年玄関に選挙結果が公示されました。5年生を中心に各委員会の組織作りが始まっています。

来入児1日入学・保護者会 1月28日(木)
 1日入学では、1年生が来入児を迎え、1年生と来入児の子どもたちでペアを組んで、一緒に「ブンブンごま」を作って遊んだり、「学校探検」をして大町東小の様子を知ってもらったりしました。
 1年生はお兄さん・お姉さんであるという自覚をもって、来入児の子どもたちにやさしく関わっている姿をたくさん見せてくれました。1年間で大きく成長した1年生の姿がありました。
 来入児の子どもたちは、「大町東小学校に早く入学して、勉強したり遊んだりしたいなあ。」と期待がさらに膨らんだと思います。
 1年生の皆さん、ありがとうございました。