5月

◆2016年6月2日(木曜日)

平成28年(2016年)5月の行事から

「イカのおすし」 第2回避難訓練・防犯集会がありました 5月12日(木)

 今年度2回目の避難訓練は、不審者対応と防犯訓練でした。子どもたちは、落ち着いて放送を聞き、静かに素早く体育館に避難できました。

 その後、大町警察署のスクールサポーターと生活安全課の方が実際に6年生と一緒に「こんな場合はどうしたらよいか」を動作を交えて教えてくださいました。

 「イカのおすし」の合い言葉は子どもたちもよく知っていましたが、更に子どもたちにやってほしいこととして、幾つかアドバイスもいただきました。その中でも印象的だったのは、「自分からあいさつをして、地域の方に顔を覚えてもらうこと」です。東小で今年度大切にしている「あいさつ」は、自分の身を守ることにもつながってくることを子どもたちも知ることができました。これからも、あいさつを大切にしていきましょう。

 

 

 

「挑戦2016 新しい未来へ向かって走り出そう!」 第1回児童総会 5月20日(金)

 児童会歌「東の子」を大きな声で歌い、今年度の第1回児童総会が始まりました。

 児童会長さんのあいさつでは、「積極的」「協力」「思いやり」の3つを大切に、今年の児童会活動を頑張っていきたいという願いと決意が参加した4~6年生の会員に伝えられました。そして、今年度の児童会スローガン「挑戦2016新しい未来へ向かって走りだそう」の実現に向けて、8つの委員会からそれぞれに委員会目標と年間活動計画が発表されました。

 どの委員会の委員長さんも議案書を見ることなく、堂々と発表しているのがとても印象的でした。児童会役員の意気込みとともに下級生からは「すごいなー」という憧れのような眼差しを感じました。

 もちろん、頑張ったのは役員ばかりではありません。質疑応答の時間では、どの学年の児童も積極的に各委員会へ質問や自分の意見を述べる姿がたくさんありました。そこでは、まさに児童会長さんが願っている“積極的”な姿が見られ、引き締まった良い児童総会になりました。各委員会の活動計画も承認され、いよいよここからがスタートです。

 

ご声援ありがとうございました! 

 マラソン記録会へ向けた試走会 5月24日(火)・25日(水)

 本校では、例年春と秋の2回マラソン記録会を行ってきましたが、今年度よりマラソン記録会は秋の1回とし、春はそこに向けての試走会という位置づけになりました。とはいえ、秋の記録会と同じ距離を普段練習している学校の周回コースを使って記録をとります。
 24日は1~4年生が、25日は5・6年生が試走会を行いました。特に24日は、夏を思わせる暑さの中でしたが、どの子も顔を真っ赤にさせながら、今の自分の力を試し自己記録の更新を目指して走りました。コンディションのよかった25日の5・6年生の試走会は、「さすがは、高学年!」という見応えのある走りを見せてくれました。

 どの学年の子どもたちも、諦めず最後まで全力で走り抜いていたのと同時に、頑張っている友だちの走りにも大きな声援を送り、励まし合っている姿が印象的でした。

 試走会当日は、お忙しい中をお家の方も応援に駆けつけてくださり、最後まで子どもたちに大きな声援を送っていただきました。本当にありがとうございました。「記録会が減ってしまって少し残念。」という声もありましたが、周回コースだと何度もお子さんに声援を送ったり、頑張っている姿を見られたりするので、「こういうのも、いいね。」という声もいただきました。

 今回は秋に向けての力試しでしたが、これから本番に向け、目標をもってますます子どもたちが頑張ってマラソンに取り組んでくれることでしょう。今年は、マラソンカード(100周で1枚)が終わると学校長から賞状をもらえるという子どもたちの励みもあります。どれだけ子どもたちが、力や記録を伸ばしていくのか、今から秋のマラソン記録会が楽しみです。