10月

◆2016年11月4日(金曜日)

平成28年(2016年)10月の行事から

 運動会を終え本格的な秋を迎えたこの時期、東小学校ではたくさんの行事・学習が行われました。
 9月30日(金)の「大町市お弁当の日」には、各学年の計画により遠足・社会科・理科見学等の校外学習が行われました。10月に入ってからは、実りの秋を感じながら様々な作物の収穫や稲刈りなども行われました。また、6年生最大の行事ともいえる「修学旅行」、4年生の「長野市見学」など、大いに見聞を広げる機会もありました。15日(土)には、祖父母参観日・PTAバザー、28日(金)には、秋のマラソン記録会が行われ、多くの皆様にご来校いただきました。多くのご声援をいただきありがとうございました。

<祖父母参観日・PTAバザー>

 10月15日(土)の祖父母参観日には、祖父母の皆様をはじめ多くの保護者の皆さまに、子どもたちの授業を見ていただいたり、活動に参加していただいたりしました。特に1年生の「あさがおさんまつり」では、子どもたちの考えたゲーム等にも積極的にご参加くださり、どの子も瞳を輝かせて意欲的に取り組む事ができました。また、図書館での校長講話では「コミュニティスクール」についても学校長よりお話しさせていただきました。来年度に向けて準備を進めておりますので、ご協力をお願いします。
 授業参観後には、恒例のPTAバザーが開催されました。PTA本部会や各委員会の皆様のご協力と、物品提供してくださった地域の店舗や皆様のおかげで、例年にも増しての大盛況ぶりでした。今年は新たに「物作りコーナー」が設けられ、子どもたちに小物づくりを教えてくださるボランティアの方にもご参加いただくことができました。それも合わせまして、より地域と連携できたPTAバザーであったと思います。収益の方は、その多くを予定通り児童図書の購入に充てさせていただくことになっております。本当にありがとうございました。

<地域の力をお借りして> ~地域に根ざした学習~
 秋晴れのもと、10月12日(水)に5年生が稲刈りを行いました。校庭の西側にある田んぼを地域の方からお借りし、春から「米作り」に取り組んで来ました。田おこし、代掻き、田植え、そして水管理とJAの方や児童の御祖父さん方にご協力いただき、ようやく稲刈りを迎えることができました。当日は、指導に来てくださったお二人の御祖父さんにやり方を教えていただき、稲刈り鎌を使ったり、刈った稲束を麻ひもで結んだり手作業で稲刈りを体験しました。約2時間ほどで稲はきれいに刈り取られ、稲束はプールのフェンスに干され脱穀の時を待つまでになりました。「来年までお米はとれないから、落ちた穂もしっかり拾うんだよ。」そんな重みのある言葉もかけていただき、一生懸命収穫に取り組んだ5年生でした。

 大町市お弁当の日に、6年生は仁科台中学校の文化祭の参観と「国宝 仁科神明宮」の見学に行きました。「地元にある大切な文化財であり地域の宝物を子どもたちに見せたい。」また、「地元である東小の子どもたちに見てほしい。」という地域の皆様の声もいただきました。当日は、大町市教育長の荒井 今朝一 先生にお越しいただき、説明をしていただきました。地域を知ること、地域の方と関わること、これも大切な学習です。

 

 10月24日(月)に3年生が「玉ねぎ植え付け体験」に参加しました。これは、NPO法人「仁科の里造り」が主催し、市や北安曇農業普及センター等の諸団体が共催し行われたものです。社公民館近くの畑で玉ねぎについて様々な事を教えていただいた後、一人100本もの苗を実際に植え付けました。4年生になった6月には収穫ができるということで、今から楽しみにしている子どもたちです。

 

 学校では、日頃から様々な学習や活動において地域の素材や皆様の力をお借りすることが多く、大変感謝しております。本校も来年度からの「信州型コミュニティスクール」を目指して準備をすすめております。今まで以上に地域と連携しながら子どもたちの学びをより豊かなものにしていくことが求められます。学校からも様々な発信を積極的に行うことはもちろんですが、「みんなの瞳が輝く学校」であるために、今後ともより一層のお力添えをお願いします。

<全員が完走!秋のマラソン記録会>

   ~ご声援ありがとうございました~
 少し肌寒さを感じる1日でしたが、雨にも降られることなく今年も「秋のマラソン記録会」が行われました。春の試走会を終えた後も、地道に毎日のマラソンに取り組んできた子どもたちでした。

 スタート地点となる学校はもちろんのこと、マラソンコースの沿道でも応援に駆けつけてくださったお家の方や地域の方の大きな声援を受けて、子どもたちは自己記録の更新を目指してがんばりました。お陰様で多くの子が春の記録を更新し、参加児童全員が完走することができました。全力で走り、全力で仲間を応援する子どもたちの素晴らしい姿がありました。ご声援ありがとうございました。